天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> 多嚢胞性卵巣の方の排卵誘発治療

多嚢胞性卵巣の方の排卵誘発治療(15.06.06)
line01

Q,私は、軽度のたのうほう性卵巣で排卵が時々しかしていないないので、三ヶ月前からクロミッドを飲み始めました。

他院で、クロミッドを続けて使うと内膜が薄くなるので、hcg注射を使うことを検討した方がいいと言われました。
これは、どういう治療なんでしょうか?
また、大塚先生ならどういう治療をされますか?

A,多嚢胞性卵巣の方の排卵誘発治療は、今すぐに妊娠したい方に行います。。もし今すぐに子供が欲しいのでなければ、クロミッドは投与しない方がいいかもしれませんね。
もし今すぐに子供が欲しいのであれば、クロミッド投与後に、超音波検査で卵胞を確認してHCGの注射で排卵を誘発します。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック