天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> 不妊治療 排卵の時期、子宮頸管内に粘液が増える

不妊治療 排卵の時期、子宮頸管内に粘液が増える(16.01.30)
line01

Q,不妊治療中で、以前一度妊娠をした(治療中)ことがあるのですがそのときは稽留流産になりました。

それからなかなか妊娠しないのですが、妊娠ができた月ははじめて、驚く程織物が良く出ていて、透明なのびおりというものでした。
それ以外の月は、また現在も排卵日時期におりものは増えるのですが、ほとんど伸びないおりものです。
量があっても、のびおりでないと妊娠はできないでしょうか?
宜しくお願い致します。

A,排卵の時期が近づきますと、子宮頸管内に粘液が増えてきます。この粘液は透明でねばねばした性状が特徴です。
この粘液があるおかげで、膣の中に射精された精子は子宮の中に入ることができるわけです。
もし最近この粘液の粘度が無くなった、つまりのびおりが少なくなったと感じているのでしたら、少し治療を加えるだけで妊娠率が改善するかもしれません

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
産み分けについて (23.01.27)
AMH検査について (23.01.21)
生理不順 (23.01.14)
抗精子抗体 (23.01.07)
無排卵について (23.01.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック