天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> クロミッドを5周期投与 排卵誘発法

クロミッドを5周期投与 排卵誘発法(16.03.19)
line01

Q,夫婦共に33歳一般の産婦人科にてクロミッドhcgでのタイミング治療5周期しました。年齢的にも早い段階で人工授精の方がいいでしょうか?
男性、女性共に目立った問題がなしの場合に人工授精しても妊娠率に変わりはありませんか?
もし、そちらの病院で人工授精をお願いする場合、精子は当日持ち込みでしょうか?

A,クロミッドを5周期投与して妊娠しない場合には、別の排卵誘発法を考えた方がいいと思います。
人工授精を組み合わせるかどうかはその次のステップだと思います。
当院で人工授精をする場合には、精子は予約時間の40分前に採取していただいています。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック