天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> 不妊症とタバコの喫煙

不妊症とタバコの喫煙(17.04.16)
line01
Q,不妊治療をしていますが、煙草を夫婦共に吸っています。タバコはやめるべきでしょうか?
A,タバコはホルモン環境を悪化させ、排卵しにくい体を作ってしまいます。
また運良く妊娠が成立したとしても、胎児に影響がでるのがわかっています。
妊娠する前から禁煙しておくのは当然と思います。
また男性の喫煙も問題です。
タバコは男性の精子形成にも悪影響をおよぼしますので、男性不妊の原因になる可能性があります。
赤ちゃんが欲しいのであれば、2人でタバコをやめる努力をするべきですね。
line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック