天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 更年期> ホルモン補充療法 子宮と卵巣の全摘出手術をしました。更年期もあるでしょうが、萎縮性腟炎ではないかと・・。

ホルモン補充療法 子宮と卵巣の全摘出手術をしました。更年期もあるでしょうが、萎縮性腟炎ではないかと・・。(18.04.21)
line01

Q,2年前に子宮と卵巣の全摘出手術をしました。更年期もあるでしょうが、萎縮性腟炎ではないかと・・。治療は出来ますか?

A,両方の卵巣を手術で摘出したのでしたら、女性ホルモンが急激になくなりますね。
ホルモン作用がなくなると膣粘膜は乾燥してきますので萎縮性膣炎になることはあり得ます。
ホルモン補充療法で良くなる可能性は十分あると思います。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:更年期
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック