天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 更年期> 更年期障害 の治療 ホルモン療法

更年期障害 の治療 ホルモン療法(20.12.13)
line01

Q,もうすぐ52才更年期です。
生理がほぼ1ヶ月続いたり、大量な生理がきたり、貧血もあるのでとにかく疲れがひどいです。少し掃除しただけでも立ちくらみがして休憩を挟まないと最後までできません。イライラしたり、落ち込んだり、特に疲れがひどい。元気なんですが、何かしようとすると休憩が必要なんです。筋肉痛、しびれ、疲労感を少しでも軽減したいのですが、どのような治療が望ましいでしょうか?
漢方もホルモン剤もあまり効いた実感はありませんでした。

A,もし私が治療を担当するのでしたら、まずホルモン療法を試しますね。
もしそれが無効でしたら、プラセンタ療法を考えてみてもいいかもしれませんね。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:更年期
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック