天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 日記> ホルモン治療に関するお問い合わせ

ホルモン治療に関するお問い合わせ(10.04.14)
line01

Q、学生の頃からニキビ顔で、一時治っていたのですが最近ストレスを感じたら湿疹のように、顔全体にニキビが出て治りません。
皮膚科にも通っていたのですが、一時的に良くなり、また出てくるというのを繰り返しています。
生理不順やホルモンが関係しているのでしょうか?
ホルモン治療などを受けることはできますか?

A、にきびの中には男性ホルモンが関係するタイプのものがあります。女性でも少量ながら男性ホルモンは分泌されています。ただその少ないはずの男性ホルモンが少し増えるだけでいろいろと問題をおこすのです。
そういう方は低用量ピルを内服することによって男性ホルモンが抑えられて、にきびが改善する可能性があります。
一度試してみられたら良いと思います。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:日記
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック