天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 日記> 保険でできる不妊治療にかかる費用

保険でできる不妊治療にかかる費用(11.02.19)
line01

先日頂いた、質問で、保険をつかって不妊治療をする場合の費用の質問を頂いたので、
お答えします。

不妊症の患者さんが最初にチェックされる内容は
1)排卵しているかどうか
2)卵管が通過しているかどうか
3)夫の精液中に十分な精子がいるかどうか

ということになります。

1)に関しては
内診と超音波検査で排卵時期を推定する  約2000円
尿検査で排卵時期を推定する(2回分)    約1000円
血液検査で排卵時期を推定する       約1500円

2)に関しては
超音波下卵管造影検査 を行います  約1万円

3)に関しては
夫の精液検査 を行います      約1500円

以上が保険でできる不妊症の治療ですが

AIHという夫の精液を濃縮したあと子宮内に精液を注入する治療は 自費で2万円
かかります。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:日記
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック