天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> 妊娠と花粉症の薬の飲み方

妊娠と花粉症の薬の飲み方(11.03.27)
line01

Q.妊娠を希望していますが、今の季節花粉症がひどくて耳鼻科を受診しようか悩んでいます。
妊娠を希望している限り薬はやはりずっと飲めないのでしょうか?
性交渉をもち、次回の生理を待つ以外の期間は服用していいのでしょうか?すみませんがアドバイスお願いします。

A.妊娠を希望されているのでしたら、まず基礎体温をつけてください。基礎体温の低温相の間はどんな薬を飲んでも問題ありません。高温相になっても12日目までは、妊娠していたとしてもお薬が胎児に影響することはありません。
ですから花粉症の薬を飲み始めたら良いと思います。そして高温相が13日目に入ったら、すべての薬の内服を中止すればよいのです。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療, 日記
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック