天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 避妊> 低用量ピルの副作用について

低用量ピルの副作用について(11.04.02)
line01

低用量ピルという言葉の低用量という意味は、含まれているホルモンの量が少ないという意味です。ですからこの薬を毎日飲んでも、あまり重篤な副作用がでることはありません。
よくある副作用としては、
1)飲み始めの時期の嘔気
2)内服中の不正出血
があります。
しかし1)については飲み続けているうちに、しだいに体が慣れておさまってくることが多いのです。
2)については出血を止める方法がありますので、来院していただければ対処できます。
重篤な副作用としては血栓症がごくまれに見られることがあります。これは血管の中に血の塊ができることですが、この塊が心臓や脳に詰まったりしたら大変なことになります。
しかしこの血栓症をおこす人は
1)タバコを吸う人
2)高血圧症の人
3)高脂血症の人 に限られます。
ですからピルの内服を希望する人はタバコを止め、高血圧症や高脂血症の薬を飲んでいただければ、この恐ろしい副作用については心配する必要が無いという事になります。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:避妊
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック