天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> 妊娠するまでは飲酒は問題ない?

妊娠するまでは飲酒は問題ない?(12.02.25)
line01

Q,貴院でお世話になっている者です。
PCOSで不妊治療中です。

不妊治療中のアルコール摂取についてご相談させてください。インターネットでは「妊娠するまでは飲酒は問題ない」との情報が多いですが、これは正しいのでしょうか?
また、先日読んだ本の中に、「排卵日にアルコールを飲むと、卵子の減数分裂に影響を及ぼし、染色体異常につながる」という記載がありました。
排卵日と思われる日に夫も私も飲酒していたので、心配です。
お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

A,あらゆる薬剤は妊娠が成立するまでは卵子に影響を与えないことがわかっています。
アルコールも1種の薬剤と考えてもいいわけですので、排卵日に飲酒をしても卵子には影響を与えないと考えていいと思います。
基礎体温で高温相が13日以上続いたら、アルコールを含めてすべての薬剤の服用を中止してください。このルールを守っていれば、胎児に薬剤の影響が及ぶことは無いと考えていいのです。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック