天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 生理不順> 生理不順、カウフマン療法と骨粗鬆症について

生理不順、カウフマン療法と骨粗鬆症について(14.02.10)
line01

Q,PCOSによる生理不順で、カウフマン療法(プレマリン、ルトラール)’をしている30才です。先日骨密度を測る機会がありYAM値が89%とやや低値でした。カウフマン療法6ヶ月目で最近月経量が減っており、エストロゲンが足りていないかと心配です。1年後くらいの妊娠を考えているのですが、低用量ピルの方が骨にとっても良いでしょうか。生理不順による骨粗鬆症を防ぐにはどうしたら良いか、教えて下さい。

A,30歳の方で骨密度のYAM値が89%でしたら、それほど心配する値ではないと思います。

カウフマン療法と低用量ピルを比べても、骨粗しょう症に対する効果はそれほど大きな差は無いと思われます。
妊娠を希望する時まではカウフマン療法で良いのではないでしょうか。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:生理不順
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック