天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME > ブログ> 不妊治療> PMSと不妊について

PMSと不妊について(14.11.09)
line01

Q,こんにちは、宜しくお願いします。

私は生理前のPMSが強く、少しの事で落ち込んだり、泣けてきたり、イライラしたりというのが毎回あります。治療が必要でしょうか。
ダイエットのせいか、生理の量が少なく、周期が以前に比べると早くなって来ました(25日です)閉経が近いのかと動揺してしまいます。

結婚して4年ですが、まだ子供がひとりもいません。
42歳ですし、こんな状況ですので子供は諦めた方がよいでしょうか。

A,42歳という年齢は妊娠にはかなり不利な要因ですが、全く可能性がないわけでもありません。
年齢を考慮してできるだけ早く体外受精をされた方が良いと思います。

line01
«前へ | BlogTOP | 次へ»
cat:不妊治療
line01
☆同じテーマの投稿
line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
☆Tag
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック