天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME> 生理不順

生理不順
line01

月経不順の原因

月経が28日〜30日間隔できちっと発来しない方は、卵巣の中で卵胞が育っていない可能性が高いです。こういう方は無排卵(排卵がおこらない事)になっていることが多いです。

卵胞からは女性ホルモンが分泌されるので、卵胞の発育が悪いと女性ホルモンの分泌も悪くなってしまうのです。

この女性ホルモンの分泌にはリズムがあるのですが、卵胞の発育が悪いと、このリズムも狂ってしまいます。

このように女性ホルモンの分泌のリズムが狂ってしまった方が月経不順になってしまうのです。

無排卵の診断

無排卵の診断を一番簡単に行う方法は基礎体温を測定することです。薬局で販売している婦人科体温計を使って朝起きたときの体温を測定します。これを毎日記入してグラフにしたものを基礎体温表といいます。基礎体温表で低温相と高温相が確認できた方は排卵していると確認できます。

月経不順の治療

女性ホルモンの分泌のリズムが狂ってしまった方にはホルモン剤を内服していただきます。ホルモン治療を必要とする方の中には避妊用の低用量ピルを内服していただく方もあります。どのようなホルモン剤を内服するかは人によって異なりますので、一度診察をうけてください。

またどうしてもホルモン剤の内服に抵抗がある方は、漢方薬で治療する方法もあります。

line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
ピルの処方について (22.11.25)
緊急避妊用ピル。低用量ピルの内服 (22.11.19)
生理痛が以前よりもひどく 低用量ピルを (22.11.11)
膀胱炎 残尿感や排尿後の鈍い痛み (22.11.02)
多嚢胞性卵巣症候群の可能性 (22.10.22)
line01
☆Search
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック