天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME> 院長と事務長の紹介

院長紹介
line01

院長写真

院長:

大塚 志郎(おおつか しろう)

日本産科婦人科学会認定医

母体保護法指定医/医学博士

leaf略歴leaf

1980年 大阪大学医学部卒業

1983年 大阪大学医学部産婦人科内分泌研究室にて更年期障害・子宮内膜症・骨粗しょう症などのホルモン治療の研究に従事

1991年 大阪府立母子保健総合医療センター(産科の先端機関)医長

1994年 大阪警察病院(婦人科の先端機関)医長

1998年 大阪鉄道病院 副部長

2002年 おおつかレディースクリニック開設

line01
院長よりメッセージ

更年期障害子宮内膜症骨粗しょう症などの女性ホルモンに関する疾病を専門的に研究し、産科・婦人科の先端医療機関で得た知識を地域の医療に活かしたいと考えています。
女性ホルモンを研究してきた専門家として申し上げると、体外受精までいかなくても妊娠する可能性を有している方は数多くいらっしゃると思います。そういう方のために私は不妊症患者さんには保険診療をしながら不妊症治療を行っていきたいと思っています。

また皆様に安心して治療を受けていただくために、精密検査が必要な方や手術が必要な方は警察病院日生病院阪大病院愛染橋病院大阪府立急性期総合医療センターなどの高次病院へ紹介しています。


line01

事務長紹介
純子 010

おおつかレディースクリニックの事務長をさせていただいております、大塚純子です。
女性の皆さまに安心していただけるよう、当院は女医の院長では有りませんが、女医先生以上に気配り、気遣い、医院の雰囲気には気をつけさせて頂いております。

何かご不明な点や、ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック