天王寺の産婦人科 おおつかレディースクリニック
HOME> 性感染症

性感染症
line01

性感染症について

性感染症はその種類によっては、「かゆみ」や「おりものが多い」などの自覚症状に乏しい方もあります。

コンドームをつけずにセックスしたり、複数のパートナーがいるなどの方は、性感染症にかかっている可能性が高いので、検査を受けることが望ましいでしょう。

【主な性感染症の種類と特徴】

■クラミジア

自覚症状は特になく、おりものが多くなる程度です。

・治療方法

特殊な抗菌剤を使用して治療します。

又、放っておくと不妊症を引き起こす場合があります。

■淋病

感染後2〜9日して、排尿時にかゆみ、痛み、熱感が出ます。

・治療方法

菌が強くなった為、普通の抗生物質では効きにくくなっています。
恥ずかしがらず、受診される事をおすすめします。

■ヘルペス

性的接触後3〜10日で、外陰部に小さな水泡や潰瘍ができ、2〜3週間はかゆみや痛みをともなうのが特徴です。

・治療方法

ヘルペス用の抗ウィルス剤を投与します。

■尖圭コンジローム

感染2〜3カ月後、外陰部、肛門の周囲などに米粒大〜小豆大の腫瘍が多発します。
腫瘍の尖端はとがっており、鶏のとさかや花キャベツのようにも見える独特の形をしています。

■AIDS

感染後すぐに発症するわけではなく、平均8〜10数年の潜伏期間があります。性交渉や血液を媒介として感染させる能力を有します。

line01
【BLOG】〜院長が皆様のお悩みにお答えします〜
☆Page Navi
0HOME
1医院案内
2院長紹介
3癌検診について
4不妊治療
5生理不順
6妊婦検診
7生理痛診療
8避妊について
9性感染症
10人工妊娠中絶
line01
☆Staff Blog
月経の量が少なくなって不正出血と区別がつかなく ピル (22.08.06)
子宮が大きい ピル (22.07.27)
スルピリド内服 月経周期を狂わせる (22.07.20)
ピルの効果 出血量について (22.07.13)
アンジュを飲んでいて、出血量が気になる (22.07.06)
line01
☆Search
line01
↑Pagetop
line01
TEL:06-6776-8856
大阪市天王寺区南河堀町9-40
Copyright(C)
おおつかレディースクリニック